aaaaaa

2010年01月20日

チュパカブラ再び!?

アメリカテキサス州で鶏が30羽も殺されるという
事件が発生して大きな話題となっているようです。

30羽も殺されれば話題になって当然と言えば当然なのですが

その状況が常軌を逸しているということ

それは殺された鳥たちの体に一滴の血も残されていないから
ということなんです。


このような殺し方をするのは、UMAの「チュパカブラ」の仕業としか
考えられないからなようです。

しかも飼育場には鳥の体からはともかくとして、飼育場自体にも
血痕が見当たっていないらしい

チュパカブラとはチリやメキシコ、アルゼンチンなど
南米を中心に目撃および被害が出ていたのですが

体長が1メートル前後で鋭い牙をもち、目が赤く
跳ねて移動するなど現存する他の動物とは一線をかくす
姿かたちをしていると言われていますね。

野犬や他の小動物説などもありましたが、血液だけを抜き取るという
行動は野犬などではちょっと信じがたいです。

宇宙人のペット説や実験動物が逃げ出したものなどなど

色々と想像させられますが

30羽の被害を考えると1匹ではないんじゃないかな。


「現地のニュース記事」

チュパカブラ



早く本物が見たい!!!!


見た過ぎる!!
posted by 金星人 at 16:41 | Comment(1) | UMA
この記事へのコメント
218th 山県警警部補の加野猛(かの・たけし)容疑者(54)は残忍な犯行に手を染めながら2年8カ月の間、警察官とし
Posted by r4i gold at 2013年03月12日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
84y9