aaaaaa

2009年04月29日

元NASA飛行士の証言

1971年にアポロ14号で月面着陸した宇宙飛行士のミッチェルさんがUFOマニアの祭典「Xカンファレンス」という所で地球外生命体「いわゆる宇宙人」は存在すると断言したみたい

彼は実際にはあってないっぽいけど、彼いわく出身地のニューメキシコ州で大昔にあったロズウェル事件では、地元住民はかん口令を敷かれていて他言すれば最悪な結末をたどることになるだろうと言われていたとのこと

だが住民たちも秘密を抱えて死ぬのは嫌らしく、相談相手を探していたところに同じ出身の宇宙飛行士のミッチェルさんに白羽の矢があたったようだよ


それを元に彼が国防総省と面会をしロズウェル事件の調査を再度依頼したところUFO墜落の確認は取れたがそれ以降のことは調べられなかったらしい。

ミッチェル氏いわく

地球が知的生命体の訪問を受けているのは間違いなく、我々の住む宇宙は、想像以上に驚異に溢れていてとても広大でエキサイティングだwExclamation


って言ってる


うーん。ロマンがあって素晴らしい

是非とも再度宇宙に旅立ってほしいね。年齢的に無理かdownArrow

今後も彼には色々と頑張ってほしい。がんばれミッチェルfingerPaper
posted by 金星人 at 21:55 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
pbx6