aaaaaa

2009年07月15日

沖縄でゴールドラッシュ

今不景気で苦しんでいる日本に一筋の光明がwExclamation

それは一体なにかといういと、沖縄の近海にはレアメタルや金銀銅鉛などの鉱物資源が大量に眠っているという話。全てを輸入に頼っている日本が一転して資源大国になる可能性が出てきたってわけeighthNote

沖縄以外にも小笠原周辺海域に発見の可能性が大であるとのこと

海底熱水鉱床というのは、海底から噴き出す高温の水に含まれる金属成分がたまってできる数百メートル四方ほどの岩石の塊なのだ

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)などの調査によるとこの周辺の海域700メートルから1600メートル付近で多数見つかっており、さらにさらに既に熱水の噴出がとまった鉱床などの未知の領域の調査もどんどん進めていくとのこと。

日本は深海調査を得意とする国だけにそのノウハウを使って資源大国になろうとしているのだ。完全に日本の領海内で発見されているということもあって中国ともめている天然ガスの発掘のようなトラブルもまったく起きそうにないらしい。

ただ海底熱水鉱床の開発は世界でも例がなく、掘削や精錬の技術が必要になってくるのがひとつのポイントらしいのだが国が予算をどんどん投入して推進していくのだとか

調査にもまだだいぶ年数がかかるようだけど

これが成功すると日本の自動車産業や工業系などが一気に潤うという話だ。一説によると日本の借金を帳消しにできるという話まである。既に海外のいくつかの有名な会社が日本近海の調査をさせて欲しいと次々に名乗りをあげてきている。

これが実現されたときに世界各国からこの利権を守りきれるのかが難しいところ

多分アメリカとかにいいように横取りされそうな気がする。まぁいつものことですけどね。

昔のアメリカでのゴールドラッシュの様にツルハシ片手に世界各国からトレジャーハンターがやってきたように。国は近海のお宝を守りきってほしいもんだね

目指せ資源大国!!!
aaaaaa
posted by 金星人 at 04:36 | Comment(0) | 気になる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
zc7k