2009年02月21日

インド神話の主神シヴァ

インド神話の最高神シヴァ 破壊の力を持つ神

破壊と言っても、殺戮の為の破壊ではなく創造のための破壊

シヴァはヒマラヤ山で苦行を続けており、裸体に虎の腰巻、首に数珠と蛇をまとい、乱れた髪を結んでいる。

額には3本の横線が書いてあり、武器として三又のトリシューラを持つ

体が青白く表現されている事が多いけど、これは牛フンを灰にして体に塗っているかららしい

また、シヴァの額に第三の目があり、この目が開くとき全ての世界を焼きつくす程の炎と光線が発せられる。この炎でヒマラヤ全体が炎に包まれたという話もある。

tirakita_pcd-god-66.jpg

彼の逸話として、悪魔が三界(空、地、海)を征服して都を建設した際に他の神々では
打つ手がなく、シヴァ神に依頼をしたが一人では難しく他の神々の力を半分づつ借りた。

特にシヴァと同じく三神一体とされる、ブラフマー、ヴィシュヌなどシヴァに負けるとも劣らない神達は、彼の矢となり、戦車の御車となった。

その後、シヴァの渾身の一撃のもとにより、たったの一撃で悪魔たちを滅ぼす

シヴァは破壊の神とも創造の神とも言われるが、有名なのはリンガ崇拝!!

リンガとは男性器を抽象的にかたどったものであり、大体がヨーニと呼ばれてる女性器を象徴した台座に乗せられて、崇拝されている。

シヴァが性交して現われたのがこの世界で、これが我々の住んでいる世界という意味になっているらしいよ。

また、シヴァには別名がかなりの数が存在していて、数百とも千ともいわれている

仏教にも実はシヴァがいる。大自在天という名で仏教界にもいるのだけれども、ヒンドゥー教ほどの影響力はなく知っている人もわずか。

その他にも七福神の大黒もシヴァといわれている

tirakita_id-pst-275.jpg

ちなみに後ろにいる牛はシヴァ神の聖なる乗り物である、牛のナンディン

うーん。シヴァ神はいろんな所に影響を与えている神様なんだねー

もっと調べてみるよー




posted by 金星人 at 23:03 | Comment(0) | 世界の神々 インド神話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
6043